2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アランフェス協奏曲

「ジャズの名盤入門」(中山康樹)を読んでいて「アランフェス協奏曲」のタイトルが目に留まる。
中山によると、Jazzによるこの曲のカヴァーは成功したためしがなく、いわゆる鬼門。
ジム・ホール(セベスキー編)は『鬼門を避けて裏門から入り』(例えが秀逸)成功とある。

早速、図書館で捜し試聴。
『美しくも恐るべき表現力』(中山)
迷う事なく購入。

エヴァンス本を読んでいたら、二重奏のアルバムもある事に気付く。
なんと、ジム・ホールとのデュエット。
目が釘付けに。
『確かに、あの二人だな』と見直す。
それっ! とばかりに図書館のデータ検索 ...... ありません。

やや迷う ..... 『エ〜イッ 買っちまえ!』

Undercurrent.jpg

それがこの『Undercurrent』

いや〜まいりました!
エヴァンスのピアノにホールのギターが絡んで、おもわず『オ〜ィ!』と声をあげてしまう。

心動かされる名盤でした。

            th_20110406_1682308.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。