2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白夜行

白夜行 東野圭吾 集英社 864ページ

東野圭吾 読了三冊目。
分冊ではなく部厚い一冊。フツーの文庫3冊分。
「途中で面白くなり止められなくなる ..... はず」との期待を抱きながら半ば頃までは(これだけで400頁超)長〜い伏線。
持ち歩くには重いので、家でチマチマ読み進める。

最後の方は先が気になりカバンに入れ持ち歩いていた。

重く暗い過去を持つ少年と少女。
とある殺人事件を追う刑事。
19年の歳月の流れの中、話は展開して行く。

精緻な伏線の絡み合いで最後の展開。

読後は、どうにも重い気持ちに。
本当に悪いのは少年と少女に暗い過去を背負わせた者 ... 。

買いためた東野作品、次はどれにするか。

            th_20110406_1682308.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。