2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

三巻

人間臨終図巻3<新装版> 山田風太郎 徳間文庫 457ページ

前巻の続き。 第三巻は行年65歳から行年76歳まで。

軽妙なタッチで、死に臨む人たちの荘厳な様、傍から見ると滑稽な様が次から次へと述べられる。
生きとして生けるもの、避けることの出来ない死。
一体自分の死に様はどうなんだろうと、考えてしまう。

死に際の表現が秀逸な事にも驚く。
「亡くなった」「逝った」などは普通だが、うならせる一文も多い。

伊達政宗の項。
『死後みだりに死顔を人に見せるな、と遺言して、午前六時頃、独眼竜正宗のもう一つの眼、左眼も永遠にとじられた。』

残るは第四巻、読み進めます。

            th_20110406_1682308.jpg


関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。