2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

下の写真、若い方はご存じないかもしれませんね。


     さんざんお世話になった、フロッピーディスク

ほんの(?)20年程前、パソコンの記録媒体の主流だった5インチ・フロッピーディスクです。

私のパソコン歴は、1985年、NECのPC-8801mk?FR。
驚異!の8bit パソコンでした。

「一日がなんで24時間なんだろう?」というくらい没頭し、どうでもいいようなBasicプログラムを組んで(本人はプログラムの勉強と思い込んで)おりました。

物足りなさを感じ始めた頃、あの消費税導入直前、1989年2月にPC-9801RX2を思い切って購入。
クロック12MHz、メモリー640KB(MBではありませんよ、念のため)と最先端緒スペック。
「やっぱり速いな~ぁ!」 と感動したものです。

その記録媒体がコレッ!

当時10枚入りの箱で数千円した記憶があります。
2HD、つまり約1MB。
次第に安くなり、千円台で買える様になりました。

何もついていない本体に、音源、ハードディスク、倍速ボード等をセッセと組み込み、周辺機器、書籍等、おそらく百数十万はつぎ込んだかも。
OSはMS-DOS、コマンド打ち込みです。

1995年、Macに乗り換えてからは殆ど触る事も無くなりました。
が、愛着はたっぷり。
Macは、5台目、Classic環境のため一世代前のは所有していますが、他は処分。
でも88と98は、使わないのに、たまに電源を入れ動く事を確認。

しかし場所を占有しているし、もうこれから使う事も無いと、先月思い切って処分。
フロッピーも今日、300枚くらい ゴミ!(何かな~)として処分。
書籍も50冊近く資源ゴミ。

清掃車が来て、グワーァンと回収していきました。

やっとこれで、あきらめがつきました.....。

......でも、まだ捨てきれずに予備(本体が無いのに予備とは!)を含め百数十枚残っています。
自分でプログラムしたデータの入ったディスク等、なかなか捨てきれません。
あと、もうちょっと手元に置いてあげます。

.....そういえば、もうバイク無いのに、ヘルメットはまだあります.....。

う~ん、これではなかなか片付きません。


関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。