2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクール132

昨日「第56回東京国際ギターコンクール本選」、聴いてまいりました。

会場が「白寿ホール」、席数が東京文化会館小ホールの半分以下。
いつも通っている小田急線の「代々木八幡」駅。
初めてのホールですがうまい具合に「メディアカーム」の酒井さんと一緒になる。

会場に着くと一階エレベータホールが人で溢れている。
二基のエレベータに乗るのに整理券!
「整理券お持ちでない方は(持ってません!)こちらにお並び下さい」だと!

酒井さんが「招待券取り置きですよね。ちょっと訊いてみます。」と係の人に掛け合って下さり乗り込む事が出来ました。
一席の空きも無い 文字通りの満員!

連盟の挨拶で、これからは「白寿ホール」で開催するそうです。
もっと売れる券を『もう売らないで下さい』(私の所にも連絡がありました)とはね...
もっとキャパのある音響の良いホールでと思いますが、「来年もここ」とは何か事情があるのかも。

本選に残った日本人は小暮浩史さん一人だけ。
さすがファイナリストは、それぞれ素晴らしい演奏でした。

一人会場に現れず失格。
「以前にもあったよな〜ぁ」
名前は忘れてましたがスペイン人と記載された表を見て『もしや?』と思ったらあろうことか同じ人でした。
一体どうしたのでしょうか。

結果は
一位:Marko Topchii(Ukraine)
二位:なし
三位:Wu You (China)
四位:小暮浩史
五位:Thomas Ellis (Britain)
六位:Campbell Diamond (Australia)

私の予想とは、かなり違ってました。
審査員が6名、うちギタリストが3名。
この構成は、個人的には疑問を感じております。

リサイタルを3回一度に聴いた様な中身の濃いコンクールでした。
来年はもう少し早めに行かないと(今回も開場5分後だったんですけどね... )

            th_20110406_1682308.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。