2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

「八重の桜」のクライマックス が’終わりました。(個人的意見!)

  「鶴ヶ城 」開城!

入れ込んでいただけ、ここ数回は視ていて辛いものがあります。
魅力的な人物が次々と討ち死に ... 自刃 ...

♪〜会津若松鶴が城
     二十日籠りて城落ちぬ


中学生の頃、よく歌っていた『花の白虎隊』(橋 幸夫)。

高校一年の時、友人と会津に旅した事があります。
当時「鶴ヶ城」は再建前で石垣のみが残り、侘しさを感じたのを覚えています。
(今調べたら、再建は昭和40年 古〜い話
それゆえ「会津若松・鶴が城」という響きには懐かしさがあります。

私たちが子供の頃は「薩長」の歴史観が大手を振っていて
新選組 = 正義の味方 鞍馬天狗の敵
みたいな括りが多かったように思います。

「真の義は会津にあったのではないか」

それが人口に膾炙するようになったのは、ここ数十年でしょうか。
長い歴史の流れの中では、たった百数十年前の事とはいえ、色々な見解が出るまでには随分と時間がかかるものです。

これからの「八重の桜」、八重より西郷隆盛が起した西南戦争での斉藤一や佐川官兵衛の関わりを描いてくれませんかね。

            th_20110406_1682308.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。