2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末

「幕末遊撃隊」 池波正太郎 408ページ 集英社文庫

中村彰彦が酷評していた「幕末遊撃隊」読みました。

中村作品が時代歴史小説なのに対し池波作品は時代娯楽小説といったところか。

中村作品が「遊撃隊」全体なのに対し、「幕末遊撃隊」は伊庭八郎のみ。
史実などは圧倒的に中村作品に分がある。
池波の設定は伊庭が「労咳」を患っていた(沖田総司の真似?)とか陳腐感は否めないが、それなりに読めた。

今度は池波の「幕末新選組」でも読むとしますか。
これは、私のハードル高いですよ。

            th_20110406_1682308.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。