2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

     橋物語

『橋ものがたり』 藤沢周平 389ページ 新潮文庫

長編かと思いきや『橋』にまつわる10の短篇を集めた人情もの。
懸命に生きる市井の職人、博打打、過去をもつ女。
それらが織りなす心の彩。

必ずしもハッピーエンドではないが、じんわりと余韻を残す。

ベベン、ベンベン ....

BGMに義太夫の太棹三味線が鳴っている様な気持ちになる。

井上ひさしの解説にある『読み終えてしばらくは、人を信じてみようという気持ちになります』がピッタリくる『ものがたり』集です。

            th_20110406_1682308.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。