2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

地虫鳴く

『新選組裏表録 地虫鳴く』 木内 昇 584ページ 集英社 

近藤・土方・沖田といった有名どころが主役ではない。
新選組とたもとを分かった伊東甲子太郎に従った篠原泰之進や阿部十郎などから見た幕末の激変、不条理さが語られる。
尾形俊太郎や斉藤一も物語で重要な位置を占める。

あまり取り上げられる事の無い隊士であるがゆえ、作者の思いが語られ易いのかも。

最後のエピソードには ドッカ〜ン と目頭が熱くなり ... やられました。

前作『新選組 幕末の青嵐』同様、着眼点の新しい『新選組』小説です。


            th_20110406_1682308.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。