2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏、様々な出版社が文庫フェアを開催しています。
新潮社は1976年から「新潮文庫の100冊」フェア、他社はいつからか分りませんが角川文庫、光文社も文庫フェアを開催しています。

11 文庫094
   今年の「新潮文庫の100冊」冊子

紹介文を読みながら購入予定、また既読が今年の100冊中何冊か、持っているけど読んでいない本のチェック。
毎年の楽しみです。

今年は購入予定9冊、既読22冊、未読が3冊、他はあまり興味をそそられない。
他のフェアから購入予定は5冊位。
文庫以外にも、そろえておきたい本が多数あります。

しかし「いつか読みたい」と読む以上に買いそろえ未読がどんどん増える。

先頃亡くなられた司会・俳優として活躍され、読書家としても知られた児玉清さんは
「読む本が無くなってしまうのではないかという恐怖」を感じておられたそうです。

私の場合は
「生あるうちに蔵書を読み切れるかという恐怖(?)」を感じております。

う~ん、随分と違うもんです。


            th_20110406_1682308.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。