2014 / 03
≪ 2014 / 02 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2014 / 04 ≫

   

遅くなりましたが、二人目の孫の初宮参りに行ってまいりました。
神主さんの祝詞の時、大きな声で泣き出しましたが、それは「神様に声を憶えて頂くため、とても良いタイミングでした」と神主さんが仰って下さいました。

ジジバカですが、メチャ可愛い。
私の顔を見ると微笑む(ような気がする)笑顔がたまりませんね。
タップリ抱っこして来ました。

            th_20110406_1682308.jpg

スポンサーサイト

   th_th_スペインピアノ082

昨日、スペイン国営「セルバンテス文化センター東京」で
『第3回 青少年のためのスペイン音楽ピアノコンクール』が開催されました。

   th_th_スペインピアノ083

審査員は5名(館長は投票せず)、ピアニストが4名、ギタリストが私1名。
ギターとは勝手が違い、やや緊張。

幸い、スペインピアノ音楽の権威・上原由紀音さんとは何度かお会いした事がありホッとしました。
日本の3人のピアニストの方は、皆「コジマ録音」でCDをリリースされていて打ち解けた雰囲気に。

こんなに長い時間(12時から6時)ピアノ演奏を聴くのは初めて。
審査控え室では「(子供も多いので)演奏中もし停まってパニックになったら『どうぞ落ち着いて初めから』とか、声かけした方が良いですかね」と相談していた事は全くの杞憂。
ハイレベルな演奏も多く、楽しく審査出来ました。

ジャンルがスペイン音楽に決められているので、殆どは聴き慣れた曲でひと安心。
ギター界でもそうですが、中高生のメカニックは凄いレベルですね。

審査も順調に終わりとても良い経験になりました。

            th_20110406_1682308.jpg

第3回 青少年のためのスペイン音楽ピアノコンクール

明日「スペイン国営セルバンテス文化センター東京」で開催されます。

以前お話ししましたが、ギタリストの私に審査の依頼があり、固辞したのですが「スペイン音楽として審査して欲しい」と主催者の方に推されお引き受けする事に致しました。

他の審査の方は皆ピアニスト。
自分なりにスペイン音楽に取り組んで来た自負はありますので、しっかりと聴いてまいります。


            th_20110406_1682308.jpg

電動アシスト自転車、家内が購入。

早速試乗。
以前、TOYS仲間の津田さんに試乗させてもらった事はありますが平らな道を10m位走っただけ。
それでも最初の一漕ぎでトップスピードになる感覚は初体験でした。

板橋は坂が多く自転車では結構キツい坂があちこちに。
いつも利用している練馬の図書館に行くときは、坂を下り、そして登る。
つまり、行きも帰りも登りがある。
車が来なければジグザグに登れても車が来たりするとダウン。

以前は頑張って登ったけど最近はキツイ。

早速テスト!

オオッ!

平地を走るのと全く同じ感覚で登って行きます。
さすが優れもの!
気楽に出かけられます。


            th_20110406_1682308.jpg

本日、神田駿河台『明治大学・紫紺館』で、一学年上の先輩の企画による
明治大学ギタークラブOB会が開かれました。


     私はいつもの様に、ほんわか赤い

一学年上の先輩方が10名、2学年上の方がお一人、我々同期が4名、同伴の令夫人を含め総勢18名。
何人かの先輩は、コンサートにおいで頂いたりしてお会いしていましたが、
その他の先輩方は なんと45、6年振り!!

失礼ながら一瞬『ウッ!』とお名前が浮かばない先輩も。
お名前を聞くと直ぐに昔の面影が交錯し、たまらない懐かしさがこみ上げてきます。

2時間の歓談がアッという間。
先輩方、楽しいひと時をありがとうございました。
またの機会も是非参加させて頂きます。

            th_20110406_1682308.jpg


鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。