2010 / 07
≪ 2010 / 06 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2010 / 08 ≫

8月8日(日)、第3回フォルマール ギターオーディションが開催されます。
詳しくは下のチラシをクリックして下さい。


  (クリックで大ききなります)

私は昨年から審査させて頂いておりますが、参加される方の年齢層が幅広く、かなりご高齢とお見受けする方も何名かおられました。
昨今の若い方のテクニックは どこまで速く指が回るか、ビックリする感がありますが、昨年聴かせて頂いた方々から「音楽は、100m走ではない」ということを改めて感じさせられました。

真似の出来ない個性あふれる演奏で、感動した事をおぼえております。

入場は ナンと無料 ですので、ご都合のつく方、是非お出かけください。


スポンサーサイト

8月1日(日)、第34回学生ギターコンクールが開催されます。
詳しくは下のチラシをクリックして下さい。


 (クリックで大ききなります)

「ギターが歩いてんじゃないか?」と思うくらい可愛い小学低学年から大学生までの参加者。
本選は毎年審査員泣かせのハイレベルな演奏が繰り広げられます。

暑い日が続きますが、ここも熱い演奏が聴ける事、間違いありません。
ご都合つきましたら、応援にお出かけください。

昨日は、居合の稽古。
広い体育館、我々の前は使ってなかったらしく、冷房がなかなか効いてこない。
汗ぐっしょりで、ヘバヘバ...

稽古終了後、一級免状を頂きました。


  (クリックで大ききなります)

今回からは「社団法人 居想会」となっています。

つぎの初段は、遥か先!
感じている課題をコツコツつぶしていかねばなりません。

「稽古回数は、ウソをつかない」 

    ....... ギターと同じだなぁ~

昨日、猛暑の中「プリメラの仲間たち 2010」が、開催されました。


  会場のスペースゼロ しゃれたポスター

ギターソロ、バイレ(踊り)、カンテ(唄)の60組にも及ぶプログラム。
私は、バイレの伴奏です。

フラメンコが好きになったのは、初めはギターがカッコいいという事からでした。
次はきれいな女性の官能的な踊りに、ググッと魅せられ、それからカンテに。
今は「やはり究極はカンテだ」など生意気な事を思っています。

あの名手が奏でる哀愁を帯びた何とも言えないダミ声、ギターの伴奏と一体となると胸の奥を掻きむしられるような切なさを覚えます。

th_th_th_CIMG1171.jpg

上の一コマは、パルマ(手拍子)も含め全て女性。
バイレは勿論、ギターもカンテも女性が多くなりました。

_________________________________

さて、8月はコンクールの審査が3回。
参加される方々の、真剣さを感じながら臨みたいと思います。


更新、遅くなり申し訳ありません。
事情により、時間が取れませんでした。

明治神宮の奉納居合も、同じ事情で参加出来ませんでした。
勇姿?を見にいらした方、ご容赦ください。
________________________________

で、目前に迫っておりますが、コンサートのご案内です。

   

「プリメラの仲間たち 2010」
フラメンコフェスティバルです。

私は19日(月・祭)7時頃の出番、といっても踊りの伴奏で6分程です。

普通、フラメンコはギター奏者が踊り手の足の動きなどを見ながら伴奏するのですが、クラッシック奏者である私は、そんな高度?なことは出来ず「踊り手がギターに合わす」かたちです。

曲はピアソラの「ブエノスアイレスの夏」です。

お時間ありましたらお出かけのほどを。

詳しくはホームページをご覧下さい。


鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。