2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

   新選組日記

「新選組日記」 木村 幸比古 321ページ PHP新書

永倉新八の幻の手記『浪士文久報国記事』と、『島田魁日記』を読み解いていく。

読み始めてすぐ「こりゃ疲れる」

当然ながら文体が江戸。
樋口一葉も読み難かったがこの本も然り。
読み下し文にはしてあり、所々に解説を差し挟んである。

止めようかと思ったが電車の中、バックに他の本も無く我慢?して読む。
そのうちア〜ラ不思議、何の苦もなくなる。

実際に戦った人物の手記だけに臨場感がある。
『島田魁日記』は函館まで戦った隊士の記録として貴重。

ちゃんと最後まで読みました。

            th_20110406_1682308.jpg

スポンサーサイト

     新選組紀行

新選組紀行 中村 彰彦 240ページ 文春新書

新選組ゆかりの地を実際に訪れ写真と共に紹介した紀行文。
江戸から京都、そして土方の散った函館まで案内している。
最後には近藤、土方を顕彰した高幡不動の「殉節両雄之碑」を訪れている。
氏の新選組に対する眼差しが暖かい。

 th_CIMG4869.jpg
雨にうたれた「殉節両雄之碑」と「土方歳三」像(本からではありません。私が撮りました!)

数年前、高幡不動にお詣りし、新選組にちなんだ各所を見て廻りました。
「殉節両雄之碑」は旧会津藩主松平容保の篆書、本文は旧幕府典医頭松本良順の揮毫によるものです。

当初、篆額は徳川慶喜に揮毫を依頼したものの慶喜はただ落涙するばかりで返答はなかったといわれます。
幕府のために戦い散った新選組、慶喜の胸に去来する思いはどのようなものだったのでしょうか。

            th_20110406_1682308.jpg

山南

「新撰組 山南敬助」 童門 冬二 323ページ 人物文庫

江戸からの同志であり、土方と同列の副長でありながら隊を脱走し隊規により切腹。
「山南敬助」の苦悩や愛人・明里との生活、沖田や永倉らとの心の交流を絡めながら物語は進む。

脱走し大津で沖田に発見されるところからいきなり始まる。
話は溯って進み、ご存知の方も多いでしょうが沖田の介錯で切腹。

薩長方の志士と明里のつながりがあったり.... まあ小説だから。
ソコソコですかね。
この本は『新撰組』と『撰』の字が統一されている。
ま、たいした事ではないけど。


   沖田

「沖田総司」 大内 美予子 447ページ 新人物文庫

表紙にいきなり『泣くな総司!って何よこれ!

「またまたお涙頂戴の女性作家なのか... 」
と思いつつ買ってしまったので読んでみる。

司馬遼太郎「燃えよ剣」の土方と沖田の関係に影響されたとある。
作者自身、沖田に相当の入れ込みがある。

そうは思いながらも、当時不治の病「労咳」に冒された天才剣士の心内は伝わって来る。
予想外(失礼!)に面白く読めました。


            th_20110406_1682308.jpg

今日NHKで『歴史秘話ヒストリア「ずっと気張っていたかった~新選組 土方歳三の生きる道~」』が放送されました。
見られないので録画。

予告編で挿入されていた映像が昨年NHK BS で放送されていた『新選組血風録』からなのが少し気がかりですが、楽しみです。



数日前、ネットで『土方歳三グッズ!』落札・購入しました(バッカでしょ〜ゥ)
誰ァ〜れも入札せず、初期値で落札。

栞に使うとシワシワになるので保存してます。

            th_20110406_1682308.jpg

昨年4月に発売になった、1970年4月から9月にテレビで放映されていた、
栗塚旭:主演「燃えよ剣」のDVD。



親切な?Amazonが順次発売時期を連絡してくれ、↓ ↓ ↓ このようになりました!

th_CIMG3327.jpg

うまく作戦にのせられて、結局全巻買ってしまいました。

しかしなかなか時間が取れず、まだ未見。
同じく栗塚旭:主演で1965年に放送されていた「新撰組血風録」DVD全7巻もまだ第5巻。
これにNHKの「新選組!」も含めると見終わるのは、まだまだ先の様です。

            th_20110406_1682308.jpg

鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。