2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

真夏のように暑かった一昨日の日曜日、せがれ家族とジジババの6人で新緑の高尾山へ行ってきました。



ケーブルカーグループと歩いて上がるグループに分かれる相談をしましたが、結局全員ケーブルカーで決着(軟弱... )
下の孫がまだ危ないので整備された薬王院経由の一号路で山頂を目指す。

89548E34-4B39-4359-B4F1-A9BE3BA8F707.jpg

途中「男坂・女坂」の分かれ道。
今までは女坂のみだったのを「挑戦!」と男・女に分かれと百八段(煩悩の数)の階段を上る。

78BACBF6-0613-423A-93DC-84D612ADD534.jpg

五歳の孫は結構何でもなく達成。

でも階段はこの先もまだまだある。

F58FECFF-92FC-4E52-8E12-438C0AD78E83.jpg

合流した後はせがれと上の孫は先に行く。
残りは下の孫があちこちに興味を示し寄り道するのに付き合い「山頂まで40分」のところ2時間かけて到着。

先着グループが日陰を確保してくれてました。
昨年はゴールデンウイークだったので足の踏み場がないくらいでしたが今回はたくさんの人出ではあっても昨年ほどではない。

帰りのケーブルも一台待っただけで座れてすんなり。

どんどん逞ましくなる孫たち、もうすぐ下から歩いて登れるようになるでしょう。
その時、置いてけぼりにならぬよう日々鍛錬?です。

p.s.
なんでもお嫁さんは、下の孫を歩かせ「昨日は一度も抱っこされずに頑張りました」と幼稚園の先生に報告するつもりだったとか。
そんな事とはつゆ知らず、じいちゃんは抱っこしまくってしまいました ... 😅

            th_20110406_1682308.jpg

スポンサーサイト

恒例の「明治大学ギタークラブ同期飲み会」が昨日東京八重洲で開かれました。
いつもだと地図をプリントアウトして持っていくのですが、スマホユーザ!(えらそうに)となったので地図ナビを初体験。
いや〜便利なものです。
迷うことなく到着。

2017:5:17 八重洲温野菜
いつものメンバー久しぶりに全員揃う  もちろんスマホで撮影!

「黒毛和牛 しゃぶしゃぶ食べ放題・飲み放題」シルーバー割(ん?)コース。
みんないい年なのに食欲旺盛。
ちと食べ過ぎました。
(またジム頑張らないと.... )

            th_20110406_1682308.jpg


飛鳥山公園
 スマホで撮影しました!!

よく晴れた(午後2時頃までは)今日、王子の飛鳥山公園に孫たちとお嫁さん、ジジババでお花見に出かけました。
拙宅からはバスで30分、孫たちの家からは自転車で10数分の好位置にありながら私は初めてのお花見。

花は満開とはいかず5分咲きといったところでしょうか、
とはいえあちこちで花見の宴会。

まだ春休みで小さな子供達が遊びまわる広場で二人の孫の遊び相手。
ジャングルジムにやっと届く手足で登っていく下の孫をハラハラしながら見守る。
こちらの方がメインで花見はチョロっと。

天気予報通り2時頃から空模様が怪しくなり風も冷たくなって、3時半頃には撤収。
夕方には雷が鳴ったり雨が降ったりでしたが、その前には家に着きました。

都電が通ったり、D51があったりなかなか面白い公園です。
また訪れてみます。
            th_20110406_1682308.jpg



昨日、娘に付き合ってもらい、ついに(!?)スマホデビュー いたしました。
先日8年ほど前から使っているガラケーの電池の持ちがどうにも悪くなり近くのショップに行ったところ、工場にもなく近くのショップにも在庫がないという返事(まあ当然)
「まだ10年も使ってないのに!!」と叫びたいところをこらえて帰宅。
「もう諦めたら」と娘の進言でスマホを購入することにしました。

iPhone7のマット調のブラック。
iPadやiPodを使ってるのですが、同じようでもまだよくわからない。
着信音を選んでいる時、リアルに着信があり一瞬慌てるありさま。

今まで携帯は電話とメールだけだったのですが、チョビチョビこなせるようにしていきます。

            th_20110406_1682308.jpg


未曾有の大震災から6年が経ちました。
当初は日本の技術力をもってすれば3年も経てば復興すると漠然と考えていましたが、まだまだ復興の道のりは遠いものです。
様々な問題がある中で、終息の気配すら感じられない原発の廃炉。
孫の代でも廃炉が終わるのかどうか、見通せません。

避難しておられる方々も6年といえば生まれた子が小学校に入学する年です。
帰還で心が揺れ動くことも理解できます。
一刻も早い復興を願っています。
            th_20110406_1682308.jpg

鈴木 豊

Author:鈴木 豊
ギターの傍らでの、よしなしごと...

《ホームページ》は、こちら です。
⦿CDのご注文は、ネットショップ
          ♫こちら まで。